シワは厄介な存在

口紅を塗る

しわの種類とケア方法

老けて見られる原因の一つでもあるしわは、大まかに分けて二種類のものがあります。乾燥による薄い小じわと、くっきりと深く刻まれたしわがあり、ケア方法も変える必要があります。薄い小じわの場合には乾燥が原因になっているので、改善するのは比較的簡単です。肌を乾燥させないように保湿美容液などを使用して、肌に潤いを与えるケアがポイントです。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの美容成分が配合されたものを用いるのが良いでしょう。くっきりと刻まれているしわは、しわが真皮層にまで達しているので、本格的なケアが必要です。肌のコラーゲンを増やす成分配合の美容液を用いて、エイジングケアに努めるようにしましょう。地道な毎日のケアで、しわを薄くしていくことが重要です。

年齢に応じたエイジングケアをしよう

20代後半頃から肌は徐々に衰えてきて、ターンオーバーにかかる日数も増えてきてしまいます。早いうちからしわやたるみなどのエイジングサインを見逃さず、しっかりと美容液などをケアの取り入れていくことで、将来の肌を若々しく保つことができます。早い方なら20代のうちから、目の周りの小じわに悩まされることもあります。肌の再生力が高い20代のうちからしっかりと美容液などでケアしてあげれば、しわを増やさずにすみます。30代になってくると、肌の潤いやハリも失われてきますので、コラーゲンなどの有効成分が含まれた美容液で、しっかりと悩みをケアしていくのが良いでしょう。肌の悩みが深刻になってくる40代では、肌の機能を高めるエイジングケアをする必要があります。肌細胞の再生を助けて、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出すサポートをする化粧品を取り入れていくのが有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加